【Windows】タスクスケジューラで自動化する方法【2020】

【Windows】タスクスケジューラで自動化する方法【2020】

前回のあらすじ

Python使ってTwitterのフォローとかファボとかリツイートとか自動化に成功したなはもっとであった。

 

はじめに

Twitterを使ってプログラムで遊んでいる僕ですが、これはフォロワーを増やしていくための壮大な実験の一つです。

 

 

フォローをしない者にフォロワーはつかない、という訳ではないのですが。

 

 

一番機械的に増やせる方法がフォローをする→フォローを返してくれない人のフォローを切る、という方法なので、この手法を取っています。

 

 

前回までで自分と興味が似ている人を探してフォローする、フォロー返しのない人のフォローを切るというプログラムを開発し、実行するところまで行きました。

 

 

しかし、そのプログラムを毎日実行する(API制限もあるので一気には出来ない)という作業が付きまといます。そこで、「その実行する部分も自動化できないか」と考え始めたのです。

 

 

結論を言うと、完全な自動化に成功しました。自分はWindowsの環境下で少し苦労したのですが、Macではもっと簡単な方法があるようです。

  

 

しかし、今日は扱いません。興味のある方はautomaterで検索してみてください。Macの標準アプリで、自動化がらくらくできるみたいです。

 

 

Mac辞めるんじゃなかった・・・ (ぼやき)
親指シフトもちゃんと出来てたし・・・

 

 

現在はプログラムに書く興味のある単語をちょくちょく変えるだけの作業で自分の世界を広めることが出来ています。この自動化の詳細に関しては、次の記事でお話ししたいと思います。今回はタスクスケジューラを使ったプログラム自動実行に焦点を絞って書いていきます。

 

 

 

 

Windowsではタスクスケジューラを使って自動化するわけですが、やや複雑な手順を含むので、スクショで手順を解説します。

手順1

①まず、コルタナ(検索窓)でスケジューラと検索します。

 

②検索で出て来たタスクスケジューラを選択します。

 

 

 

手順2

基本タスクの生成をクリックします。

 

 

手順3

タスクの名前とタスクの説明を記入して、「次へ」をクリックします。

名前と説明は自分が分かればよいでしょう。

 

 

手順4

どんな頻度でタスクを開始するかを選びます。

今回の自動化に関しては後述しますが、自分がやりたい頻度を選べばよいでしょう。

手順5

開始日時とプログラムを回す間隔を記入します。

これも個々の目的によって選べばよいでしょう。

 

 

手順6

今回のように一定の期間後に何度もプログラムを実行したい場合は、プログラムの開始を選択し、「次へ」をクリックします。

 

 

手順7

 

ここが少しややこしいです。画面に書きにくくて汚い文字で申し訳ありませんが、解説も画像に書き込んであります。

やけに丁寧な言葉遣いなんよ。

 

もう社会人だから!(社会不適合者並感)

 

 

①まず、プログラムの参照ボタンをクリックし、実行する言語の実行ファイルを選択します。pythonなら、python.exeのようなファイルです。anacondaを使っている場合は、anacondaのディレクトリ下に、anaconda以外の方(自分もこれ)は、Cドライブ下の、ローカルのプログラムファイルの中のPythonファイルの中にあります。

 

自分の場合は、C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Programs\Python\Python37-32\python.exe にありました。

 

 

②実行するファイル名を引数の追加欄に記入します。

 

 

③そのファイルのある場所を記入します。ここは、そのファイルのある場所に行き、そのファイルを右クリックしてプロパティを選択、場所の欄を見ればそのファイルがあるディレクトリが記入されているので、それをコピペすれば大丈夫です。

 

 

手順8

これで完了を押せばタスクの作成は完了です。

 

 

で、終わりではないんです。自分の場合は。
目的によってはここで終了です。肝心の自動化に関しての話がまだなので、調整に関しては、別記事で解説します。

 

まとめ

今回はWindowsのタスクスケジューラの使い方を解説しました。

次の記事ではそれを使ってどのようにこれまでのフォロープログラム、アンフォロープログラムを実行しているのかに関して解説していきます。

 

 

あ、申し訳ありませんが、凍結される可能性は十二分にありますので、責任は負いかねます。ご了承ください。