【Tweepy】Pythonを使ってRT自動化してみた【2019】

【Tweepy】Pythonを使ってRT自動化してみた【2019】

今回はTwitterAPIとPythonを使ったRT自動化のコードを紹介していきます。

 

 

APIへの登録に関しては依然書いたこの記事を参考にしてください!

APIへの登録と、コードファイルと同じディレクトリにconfigファイルの準備が終わっているという前提で話します。

 

 

想定仕様シチュエーションは、ずばり小説書いて宣伝合戦する人達のRT作業を自動化したれという感じです。実験的に今実行中で、うまくいってます。

 

 

コードはこんな感じ。

#coding:utf-8
import config
import tweepy
# Accesss Token Secert

CK = config.CONSUMER_KEY
CS = config.CONSUMER_SECRET
AT = config.ACCESS_TOKEN
ATS = config.ACCESS_TOKEN_SECRET

auth = tweepy.OAuthHandler(CK, CS)
auth.set_access_token(AT, ATS)
api = tweepy.API(auth)

word = ["小説家になろう", "更新"]
my_id = "あなたのid"
set_count = 100
results = api.search(q=word, count=set_count)

for result in results:
    username = result.user.name
    user_id = result.user.id
    tweet = result.text
    tweet_id = result.id
    print("ユーザー名:"+username)
    print("ユーザーID:"+str(user_id))
    print("-----------------------------")

    try:
        api.retweet(tweet_id) #RTする
        print(tweet)
        print("-----------------------------")
        print("をRTしました\n\n")
        print("-----------------------------")
    except:
        print(tweet)
        print("-----------------------------")
        print("はRTしてます\n\n")
        print("-----------------------------")

とりあえず検索数は100にしてます。(一度に検索できる限度は100)

 

 

100回の検索をループにして数回やれば一回の実行で何百もリツイートしたりも可能になりそう。

 

 

まあタイムラインをリツイートで埋め尽くすのもブロックされそうな気がしますが……。そこはバランスですね。

 

 

ふぁぼだけしたかったらRTの関連場所を消せばいいので、企業のふぁぼ自動化とかにかなり役立ちそうな予感。「あ、見てくれてるんだ。」ってなりそうですし。

 

 

今回は短めなのでこんな感じです。

出番なかったんよ。