【WordPress】初心者が吹き出しで会話させてみた【2019】

【WordPress】初心者が吹き出しで会話させてみた【2019】

僕の名前はなはもっと。よろしゅう

ういは、なはもっとに寄生された哀れなケモ娘なんよ

寄生だなんて人聞きが悪いな。ちょっと体を借りてるだけじゃないか

好奇心から装着してみたのが運の尽きだったんよ。○ョ○ョの石仮面みたいなものと思ってくれたらいいみたい。

オイオイオイオイ、まずいぞおい。その話はおいおいやっていくとして。今日のテーマは見ての通り、吹き出しで会話する方法についてだ

随分と苦労していたみたいなんよ。ういは寄生されてるだけだからなんもしてないけれどもね

遊ぶときだけ出てくるのはずるくない?

……。

勉強するときだけ妙に抵抗が弱いのってもしかしてわざと?

……。さっさと説明に入れ。

もう。わかりましたよ

この記事の要点

  • 最新版WordPress(デフォルトのエディターはGutenberg)での吹き出しは、プラグインを用いるものと用いないものがある。
  • プラグインを使わないなら、CSSとかをコピぺしたら使えるっぽい。プラグインを使うなら、word balloonかLIQUID SPEECH BALLOONを使うべし。
  • 結局筆者はLIQUID SPEECH BALLOONで快適に使うことが出来た。

 

 

1.プラグインを使う?使わない?

WordPressはエディターが最近大幅に変更になったようです。

 

 

今のはGutenbergという名前で、大幅に変更が行われ、よりビジュアル的に編集できるようになったことで、かえって使いにくくなったと苦情も多いみたいです。

 

 

僕はGutenbergが初のWordPressのエディターなので、むしろ使いやすいと思っていたぐらいなのですが、丁寧に教えてくださっているサイト様を参考にする場合は、異なる点が多くて苦労するかもしれませんね。

 

とはいえ、本当に前のエディターが良いのなら、Classicエディター(昔の形式に戻す)もプラグインであるみたいなので、お好みでどうぞといった感じでしょうね。

 

 

僕はGutenbergでとりあえずはやっていこうと思っています。

 

 

最初は、外観>カスタマイズ>追加CSSにクラスを書き加える形式でやろうとしていたのですが、今使っているテーマのせいなのか、エディタが変わったせいなのか、なはもっとがぽんこつなせいなのかはわかりませんが、うまくいきませんでした。

 

 

そこで、プラグインを探すことにしました。

 

 

2.吹き出しが簡単に作れるプラグイン

吹き出しが作れるプラグインは、簡単に探してみたところ、word balloonとLIQUID SPEECH BALLOONが見つかりました。

 

 

word balloonは吹き出しやアイコンを動かせるのが強みのようでしたが、僕の場合はあんまり吹き出しを動かしたいとは思わなかったので、LIQUID SPEECH BALLOONに決めました。

即決のなはもっと。

 

 

詳しいやり方に関してはまゆ玉様のサイト↓で丁寧に教えてくださっていました。この通りにやってみたら出来ました。

メニューの、設定>LIQUID SPEECH BALLOONからアイコンの名前と画像のURLを入力して、投稿画面の一般ブロックにあるフキダシをクリックすると、

ブロックでアイコン(話者)の種類と右左どちらに置くか、枠の形の種類(角か○)、文字の大きさなどを選ぶことが出来ます。

 

 

正直すごく使いやすい

こんな感じです。

 

 

タイトルとかも少しおしゃれっぽく出来てきたし、ちょっとずつではありますが、ホームページ感が出てきて楽しくなってきました。

 

文章と文章の間の空間とかも少しいじりやすくしました。参考はささき様のサイトです。

 

ただ僕の場合はなぜか設定が英語だったので最初はどれが段落タグの保持なのかわからず少し迷いました。

 

 

結局、TinyMCE Advancedの設定>高度なオプションの下の方にあるチェックボックス、keep paragraph tags in the Classic block and the Classic Editorにチェックを入れると段落を保持することができました。

 

 

今回は、プラグインでやろうと思うまでの苦労の方が多かったので、そちらの話を省いてすっかり完結な記事になってしまいましたが、LIQUID SPEECH BALLOONというプラグインを使うと本当に楽に出来たんです。

別に回し者でもなんでもないですが、Gutenbergを攻略するにはプラグインを使いこなすのが吉と見ました。

 

まとめ

  • 最新版WordPress(デフォルトのエディターはGutenberg)での吹き出しは、プラグインを用いるものと用いないもの(CSS)がある。
  • プラグインを使わないなら、CSSとかをコピぺしたら使えるっぽい。プラグインを使うなら、word balloonかLIQUID SPEECH BALLOONを使うべし。
  • 結局筆者はLIQUID SPEECH BALLOONで快適に使うことが出来た。

 

 

なんか今回の記事の内容薄いんよ?

いやいやいやいや。あのね。君は寝てたから知らないかもしれないけれど、結構苦労があったのよ。

その苦労は書かないん?

ごちゃつくだけだからねぇ。一応コードを無料公開してくださっていた神サイトは貼っておきます。

基礎からどうしてもやりたい。自分でこだわりたい方はやってもいいかもしれません。でもその場合はエディタをClassic エディターに戻した方がやりやすいのかも。

何を言っているんだこいつは

というわけで、これからは僕たちが記事の和ませ役として度々登場するかと思いますが、どうぞ生暖かい目で見守っていてください

ジトー

はい。それじゃ、また来週〜